時計屋さんの遺品整理

ある日、お客様に頼まれて、腕時計の電池交換をすることとなりました。

静岡県の浜松市は、水曜日が時計屋さんの定休日のところが多く、ネットで探して営業していた古い時計屋さんに入りました。

そこにはお母様が1人。

男性がご店主様が多い時計屋さんの世界では、「珍しいなっ」

って感じでした。

電池交換は手間取りました。

裏蓋が硬くなって開けにくくなっていたのです。

急いでいたのですが、話が弾んでしまって時計だけ置いて行く事も出来ず、次の仕事を遅らせて、会話にお付き合いする事にしました。

ドロボーさんにガラスを割られて、商品の金のネックレスを盗まれた話。服を買うという業者さんから電話があり、呼んでみたらいわゆる「押し買い」で、自分用の貴金属を安く売ってしまった話などなど…。

「もう少し早く来てくれたら!」

と言われてしまいました。

しかし、ご実家がある愛知県の豊橋市やお知り合いの家の豊川市には、古いものがたくさんあり、ひと昔の商いで使用していた米倉に保管してあるとの事。

「ぜひ1度見せてください!」

とお願いしてきました。

忘れられて放置されている、骨董品や美術品が日の目を見る事になるかもしれまさん。

ところで、亡くなられた旦那様は元のご店主様。

時計屋さんのご店主様が普段使われていた腕時計を見せて頂きました。

やっぱり価値ある、キングセイコーとグランドセイコー!

さすが時計屋さんです。

大切にされている遺品という事で、腕時計は売って頂けませんでしたが、壁にかかっていた、鉄でできたブルーの可愛い丸型時計を買取させて頂きました。

昭和30年代の可愛い時計。

今売れている壁掛け時計です。

グランドセイコーの価値は年々下がっていますが、こういったシャビーで安価な時計は、逆に値上がり中です。

デッドストックですと、グランドセイコーより高いくらいです。

時代の変化とともに、大きく流行りと価値も変化していくのが時計の世界です。

そうそう、お店の店頭に「出張買取本家」のチラシを15枚ほど置かせて頂きました。

感謝です!

遺品整理はぼちぼち進めていくとの事。

その時また呼んで頂けるという事でした。

浜松市の遺品整理と片付けは

「出張買取本家」まで